コンピュータウイルス 対処法

コンピュータウイルスに感染した際の対処法

不幸にもコンピュータウイルスに感染してしまった場合、セキュリティ対策ソフトが導入されている場合とされていない場合とで、その対処法は変わってきます。
導入されていない場合だと、骨の折れる作業が必要になる可能性が非常に高いです。

まず、自覚のないうちに数種類のコンピュータウイルスに感染している恐れがあり、OSの再インストールを余儀なくされる事態もあり得ます。
このような状態になる前にセキュリティ対策ソフトを導入し、大事なデータは外部のメディアにバックアップしておきましょう。

その際、データは全てスキャンしウイルスの確認をして下さい。
特にお勧めなのは、ハードディスク全体のバックアップを取っておく事です。
この処理を適切に行なっていれば、もしもの時でも100%データ復旧出来る可能性が非常に高いです。

セキュリティ対策ソフトを導入している場合は、常時監視を行なうか否かで対処法が違います。
常時監視をしている場合、コンピュータウイルスを検出すると自動処理を実行します。
しかし、全てのコンピュータウイルスを駆除できる訳ではありません。

その時は各ベンダーで提供している情報を元に対処していくようになります。
常時監視を行なわないのであれば、手動スキャンが必要です。
ソフトにより取り扱いは変わりますが、一般的にはチェックする範囲を設定しスキャンを行ない検出、隔離、駆除、削除を実行します。
いずれにしても実行方法をきちんと確認した上で、スキャンをする事が大切です。

重いカスペルスキー関連情報